select sysdate||' データ削除開始' left join c on (b.商品ID =c.商品ID) いずれにしても人に聞かれた時に説明できる理由が欲しいです。 SQLCODE; そしてそれから . --------------------------- IS whenever sqlerror exit failer SQL*Plusからログアウトするには、exitを使います。 サンプル 例)SQL*Plusからログアウトする 実行例 SQL> exit Oracle Database 11g Release 11.2.0.1.0 - 64bit Productionとの接続が切断されました。 c:\> 解説. なるほど、天邪鬼な考えという訳ではありませんが、 現在、クライアントからbatを起動し、SQL文を投げ、結果を取得したいと思っております。 --------------------------- たとえばc:\hogeというフォルダにsample1.sqlファイルがあるのであれば -------------------------- >「SQL*Plusユーザーズ・ガイドおよびリファレンス」には オラクルのVerは9iです。よろしくお願い致します。, pl_sqlは予めDBに登録しておく。 もちろんリファレンスは読んだ事が無いという訳ではありませんが、 sqlplus -L /nolog sqlplus -S USER/PASS@TNSNAME @data_delete.sql @echo %date% %time% データ削除開始 >> log.txt このスクリプトを強制的に失敗させようとして、ゴミ値を入力しています。 しかし、厄介なことに、エラーコードについては何も言及せずに進み続けています。 ここで他に何をする必要がありますか?, UNIX OSのシェルスクリプトでは、最大255までのコードを返すことができます。たとえば、「ORA-12703この文字セット変換はサポートされていません」のリターンコードは12703ですが、UNIX 8ビットリターンコードには収まりません。 実際にテストをしたところ、 "ORA-00936:式がありません"というエラーで失敗する悪いSQLを実行しました - sqlplusは168(!)を返しました。 したがって、実際の戻りコード936は256で折り返され、残りの部分だけが返されました。 936%256 = 168。, Windows上ではおそらくこれは動作する可能性がありますが(テストされていません)、UNIX上では動作しません(前述のようにテストされています)。, 信頼できる唯一のメカニズムは、おそらく結果をログファイルにスプールしてから次のようなことをすることです。, したがって、スプールログファイルを収集してから、実際の最新のORAコードをカットします。, dbへの接続が確立された後に(後で言及したので)、everyステートメントが実行される可能性があります。 次のコードを試してください -, あなただけのSQLエラーまたはOSエラーをトラップすることができます。 dbms_outputはsqlplusレベル自体では失敗するので、alwaysエラー設定はそれに影響しません。, SQLPLUS戻りコードをキャプチャーするためのsql_return_codeの使用に注意してください。, DBMS_OUTPUTステートメントは、 "SP2-0734:不明なコマンドが始まっています..."というエラーで失敗するはずです。 エラーメッセージはログファイルにあります。, エラーログ機能を使用してSQLPLUS 11gのsp2エラーをトラップすることは可能です。 詳細については、 http://tkyte.blogspot.co.uk/2010/04/new-thing-about-sqlplus.htmlをご覧ください。, "Please enter evaluate database username", "Please enter evaluate database password", $eval_pass@$db_name 12 SQL*Plusコマンド・リファレンスから省略できる文字を確認できます。CONNECTの場合は、CONN[ECT]と記載されており、CONN,CONNE,CONNEC,CONNECTいずれでも動作します。, 3.5 SQL*Plusプログラムの構文にある通り、Logonの構文は、次のとおりです。※はマニュアルの構文の読み方です。, データベースサーバーの外から接続する場合はどのような接続方法でも以下の情報が必要です。接続情報のどこかに入っているので、確認観点として知っておくと役に立ちます。, ログアウトについては、3.4 SQL*Plusコマンドラインの終了についてに記載の通りログアウトが出来ます。, SQL*Plusでの作業が終了し、オペレーティング・システムに戻る場合は、SQL*PlusのプロンプトでEXITまたはQUITを入力するか、またはファイルを終了するキー(UNIXの場合は[Ctrl]を押しながら[D]、Windowsの場合は[Ctrl]を押しながら[Z])を入力します。, 3.2.1 ネット・サービス名の通り、ORACLE_HOME/network/admin/tnsnames.ora(又はTNS_ADMIN環境変数で指定した場所)に記載したネット・サービス名を利用してログインすることが出来ます。, 3.2.2 完全な接続識別子の通り、ネット・サービス名で記載していた内容をコマンドライン上に直接記載してログインします。パスワードを記載しない場合は、プロンプトでパスワード入力が促されます。, 3.2.3 簡単な接続識別子の通り、省略した接続識別子の書き方での接続です。パスワードを記載しない場合は、プロンプトでパスワード入力が促されます。, パスワードを入力しない場合は、エスケープする(ダブルクォーテーションで括る)必要があります。connectで実行する場合はエスケープは不要です。, ローカル環境では、ORACLE_SID環境変数を用いて、接続識別子をつけないでログインすることが出来ます。 ・余分な情報 SQL Plusで外部ファイル(sqlファイル)を実行する方法SQL Plusで外部ファイル(SQLファイル)を実行する方法を解説します。SQLファイル作成まず、SQLの実行ファイルを2種類作成します。1つは単純なINSERT、もう1つはI dat...続きを読む, batのリダイレクト>>を使わず、SQL*Plus(@ではなく*です)のspoolを使ってはいかがでしょう? sqlplus %UID%/%PASS%@%SID% @test.sql > output で試してください。 識者の方、助言を頂ければ幸いです。, 今、環境が無くて確認できないんですが、 この場合 quit、exit、どちらでも良い 3の値 col < TO_DATE('2005/05/27', 'YYYY/MM/DD') set NLS_DATE_FORMAT='YYYY/MM/DD HH24:MI:SS' DB接続に失敗した場合、検知する方法を模索しております。 ちなみにOracle9iR2を使用しています。 whenever sqlerror exit failer AND ちなみにサンプルエディタをダウンロードして、実行しようとしても全くの無反応です。 sqlに関するツールは使用できないルールでして、あくまでsqlplusのコマンド上でみやすくしなければなりません。 こんな感じで書けます . sqlplus -S USER/PASS@TNSNAME @data_delete.sql >> log.txt ではどうでしょうか?特にsqlplusの-Lオプションは使えそうな感じですが。, 表A、B、Cの3つがあり、Aのすべての行を出力したいと考えています。 ・ exit時は、自動的にコミットが掛かるのでご注意ください。 関連項目 ・・・ --------------------------- Oracle9i Enterprise Edition Release 9.2.0.4.0 - Production DELETE FROM TABLE WHERE FLG = 1; JServer Release 9.2.0.4.0 - Production ご希望のように どこか根本的な設定がおかしいのでしょうか。。。 sqlplus USER_B/USER_B @DB_B @SQLPAT ただ、厳密には exit; サーバにアクセスしてsqlplusで、 Windowsコマンドプロンプト経由でSQL Plusを介してOracleスクリプトを実行したいと思います。スクリプトには「終了」コマンドは含まれていませんが、SQL Plusを終了して、スクリプトの完了時にコマンドプロンプトに制御を返すようにします。私の目標は、スクリプトを変更せずにこれを行うことです。これは可能ですか?, 問題がsqlファイル自体にある可能性があることに気付いたら、sqlplusに終了するよう指示する必要があることを理解してください。私がこれを行う方法は次のとおりです。, (スラッシュは重要です。これは、sqlplusにその上のstatemet(s)を実行するように指示します。), exitsqlplusの出力に提供され、強制的に終了します。-Sスクリプト内のsqlクエリ以外のすべてのサーバー出力を抑制します。, はい、可能です-SQLPlusを適切にセットアップし、スクリプト(つまり@YourTargetScript.sql)を含めてから終了するラッパースクリプトを生成します。, とはいえ、このアプローチはまったくお勧めしません。SQLPlusには、プログラムで使用するための非常に多くの落とし穴があります。過去にOracleを使用したシェルスクリプトを作成するときに、Pythonラッパーを構築しました(より合理的なエラー処理動作、stdout / stderr間の出力の健全な分離、ネイティブCSV出力サポート、およびその他のそのような機能を追加)。ずっといい。, スクリプトにパスワードを含めることのセキュリティが心配な方のために、AskTomには「外部で識別される」http://asktom.oracle.com/pls/apex/f?p = 100:11:0 ::::に関する記事があり --------------------------- 画面のsqlplusは・・・どこだったか忘れた(^^; バッチで記述する場合、各自が好き勝手にするより統一したいものです。 WHENEVER OSERROR EXIT, "The upgrade script failed. pl_hoge(); 0が戻ってきてしまいエラーを検知できませんでした。 出力形式が見づらくて困っています。 SQL*Plusからログアウトするには、exitを使います。 サンプル 例)SQL*Plusからログアウトする 実行例 SQL> exit Oracle Database 11g Release 11.2.0.1.0 - 64bit Productionとの接続が切断されました。 c:\> 解説. yyyy/mm/...続きを読む, いつもお世話になっています。 カラム名3 data_delete.sqlの中身 環境:Xp、Oracle11g BEGIN PL/SQLでループを抜ける(中断する)には、EXITを使用します。 サンプル. カラム名1 外部結合を用いるのだとは思うのですが、3つの表に対して行う場合の delete from table where flg = 1; -------------------------- --------------------------- conn sys/パスワード@接続文字列 as sysdba, 画面を最大化しても、データが途中で折り返されて、各行が2行にわたってしまうため、縦方向に長くなってしまい、見づらいです。 "set lin 1000"と入力すれば1000バイトで折り返しになります。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 SQL*Plusにて接続する際の構文について記載します。マニュアルに記載されていますが、最初に誰かに聞いて覚えた方では、マニュアルがあることを知らない方もいらっしゃることが多いので、ここではマニュアルをベースとして接続方法について説明します。

Bmw アドブルー 警告灯 26, ドラエグ アンセム 評価 4, ジクロフェナク 塗り薬 肩こり 12, Recroot V4 Combined Zip 10, Solid Explorer Classic Sdカード 表示 されない 4, 協調性 サッカー 自己pr 16, F30 320d ブログ 6, ラダー 図 スラッシュ 5, 50mhz 八木アンテナ 自作 12, エメラルド 色違い 乱数 11, 米原 殺人 2ch 7, どうぶつの森 Switch本体予約 ゲオ 5, 1gd Ftv ハイエース オイルフィルター 9, 彼氏に 会 いたく ない 4, 新城高校 倍率 Twitter 4, クラージュキッズ こっこちゃん 本名 16, F30 320d ブログ 6, Shift キーボード 使え ない 5, Softbank Iphone用sim Android 4, Pubgモバイル Vc ハウリング 11, すぐ怒る 子供 4歳 5, 足の裏 土踏まず だるい 15, Tenchi Muyo Ryo Ohki Season 5 Episode 1 28, コパン ジム 料金 6, 風水 ベッド 形 6,