サウンドユーティリティソフトの音質調整で好みの音質に設定でき、カジュアルに高音質サウンドを楽しめる。, ■ヘッドホン ② カメラキルスイッチ スペック概要. ②電源コネクタ ・ほかのアプリは起動しない(常駐アプリは除く), ■条件等  Essentials(普段の作業を想定した基本的なテスト) ④ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート, ④MicroSDカードスロット ※快適モードは、PCが温かいときにファンの回転数を上げて冷却させるためのモードです。, 図書館など静かな場所で大きなファン音がなった場合は、少し気になるかもしれません(といっても、3Dゲームを動かしたりしない限りは、そうそう大きな音はならないと思います)。, 幅×奥行きは、A4サイズよりもわりと大きいです。標準的な大きさのビジネスバッグにも入りましたが、余裕はあまりないです。, 持ち運びには、15.6型ノートに対応したリュックやバッグを使った方が安全でしょう。, ① MicroSDカードスロット(SD、SDHC、SDXCカードに対応。SDメモリーカードのセキュリティ機能は利用不可)  Digital Contents Creation(写真・動画編集を想定したテスト) Copyright (c) 2008-2020 HP(ƒqƒ…[ƒŒƒbƒgEƒpƒbƒJ[ƒh)ƒpƒ\ƒRƒ“”äŠrw“üƒKƒCƒh All Rights Reserved. 日本HP の HP Spectre x360 15-eb0000(以下 HP Spectre x360 15)は、第10世代インテル Core i7-10750H プロセッサーと NVIDIA グラフィックスを搭載した 15.6型 2in1 ノートPC です。, 4K ディスプレイや同梱のアクティブペンで写真編集や動画編集のほかイラストやデッサンなどにも使えるところもポイント。, レビューでは、前半で外観デザインにくわえ、ディスプレイ、キーボードなどをチェック、後半では各種ベンチマークを使った性能評価を行います。, HP Spectre x360 15 は CPU スペックの異なる「パフォーマンスモデル」「パフォーマンスプラスモデル」がラインナップしています。, ランナップしているモデルの詳細スペックや価格は日本HP公式サイトでご確認ください。, ここではメーカーからお借りした実機「パフォーマンスプラスモデル」を試用してレビューを行います。, 当サイトでは日本HP公式オンラインストア「HP Directplus」で使える最大7%オフ特別クーポンを提供中です。⇒ HP Directplus 最大7%オフ特別クーポン情報, 本体のカラー「アッシュブラック」とエッジの「ゴールド」は高級感と所有満足度を格段にアップさせてくれます。, 指紋や皮脂の跡が少し目立ちやすいですが、柔らかいクロスなどでこまめに手入れすれば気持ちよく使えます。, HP Spectre x360 15 は天面を回転させることでスタイル自在に使えます。, HP Spectre x360 15 には、USBポート、HDMI端子など必要なインターフェースを実装しています。, ①電源ボタン  (Power Delivery、DisplayPort 1.4、電源オフUSBチャージ機能対応), MicroSD カードスロットはプッシュロック式です。MicroSDカードを挿入するときは押し込んでロックさせ、取り出すときはもう一度押し込むことでカードが飛び出す構造です。, ちなみに、MicroSD カードは裏面を上にして挿し込みます。(これはチョット残念), スピーカーには Bang & Olufsen クアッドスピーカーを搭載。キーボード奥の左右と 底面部 前面側の左右に合計4基実装されています。, HP Spectre x360 15 には顔認証カメラと指紋センサーが搭載されています。, 顔認証と指紋認証は併用が可能で、顔認証ならパソコンの前にすわるだけでかんたんに Windows にサインインできますし、マスクを着けているときは指紋センサーにタッチするだけでかんたんに Windows にサインインできます。, HP Spectre x360 15 にはカメラの有効/無効を切り替えるスイッチが実装されています。, 上の画像:プライバシースイッチOFFでカメラ有効下の画像:プライバシースイッチONでカメラを遮断, プライバシースイッチをONすることでカメラは物理的に遮断されるので、身に覚えのないアプリからカメラを認識できなくするメリットがありますし、オンライン会議などでカメラをふさぐときにも使えます。, 本体の大きさのイメージです。本体の上に A4コピー用紙と B5版ノートを載せています。, 本体の高さを CD ケース(通常サイズ)2枚と比較(通常サイズの CDケースの厚さは 10mm), 本体の高さは実測で 19~21.5mm。最厚部でも CDケース 2枚程度でスリムです。, レビュー機のディスプレイは UHD(4K)解像度の有機EL ディスプレイです。高輝度で超高精細、描画される映像もキレイです。, キャリブレーションツール「i1Display Pro」で計測したトーンカーブは RGB ともに ほぼ45度の角度で理想的です。, 色調バランス・色域ともに優秀で、シビアな写真編集にも十分対応できる性能レベルです。, なお、トーンカーブ・色域ともにディスプレイの初期設定(デフォルト設定)で計測しています。, 用途に合わせてカラーバランスを最適化できる「HP Display Control」, ちなみに、ノートパソコンで写真・動画編集などコンテンツ制作をするときにモバイルモニターをつなげば作業効率がアップします。, モバイルモニターは折りたたんで収納できるのでスペースを有効に使えるメリットもあります。, HP Spectre x360 15 には用途に合わせてカラーバランスを最適化できる「HP Display Control」が搭載されています。, とくに、左右のベゼルは鉛筆の太さよりも細く、そのぶん画面周りがスッキリとして没入感がアップします。, HP Spectre x360 15 の液晶画面には、色鮮やかな光沢ディスプレイと目に優しい非光沢ディスプレイの良さを兼ね備えた「アンチリフレクション(AR)コーティング」が施されています。, キートップは中央部分が少しへこんでいます。サラサラとした感触(ツルツル感も少しある)で指先のフィット感は良好です。, キーピッチ(キートップの中心から隣りのキートップの中心までの距離)は実測で およそ19mm。, キーストロークはやや深めです。キーを押し込んで離したあとの跳ね返りが心地よくシッカリとした打鍵感でタイピングできます。, ツルツルとした感触で手触り感も良好、なめらかなスベリで指2本あるいは3本を使ってのジェスチャー操作もスムーズです。, HP Spectre x360 15 に同梱されているアクティブペンは「HP MPP アクティブペン」です。, とくに HP MPP アクティブペン は 4096段階の筆圧と傾き検知に対応しており、繊細かつ なめらかなタッチで描き心地もグッドです。, アクティブペンは充電中でも使うことができます。ただし同梱されている USBケーブルは短いので、必要に応じて長めのケーブル(USB Type-C to Type-C)を準備してください。, ベンチマークでは HP Spectre x360 15 の CPU・グラフィック・ストレージ性能のほかバッテリー性能や総合的なパフォーマンスを評価します。, なお、ベンチマークの実行にあたっては付属のソフトウェア「HP Command Center」のサーマルプロファイルを[HP推奨モード]で実施しています。, CPU性能は CINEBENCH R20 と CPU Mark(PassMark PerformanceTest) のベンチマークスコアで評価します。, ・インテル Core i7-10750H(平均値) HP Spectre x360 15は、ハイスペック、かつハイデザインのクリエイター向け2 in 1 PCです。, Core i7-10750H、GTX 1650Ti Max-Q、4Kディスプレイのハイスペック構成で、ペンにも対応しています。, 4Kディスプレイについては、Adobe RGB、sRGBなどへ色域を変換する機能を持っており、Web用と印刷用のどちらのコンテンツの制作にも適しています。, Webクリエイターや、イラストレーター、動画編集者、YouTuberのような動画配信者など、様々なタイプのクリエイターが使える多機能のノートPCです。, Core i7-10750H、 16GBメモリ、GeForce GTX 1650Ti Max-Q、4K OLED, HP Spectre x360 15は、Core i7-10750H、GeForce GTX 1650Ti Max-Q、16GBメモリという高いスペックに、広色域の4Kディスプレイを搭載したクリエイター向けノートです。, 質量が2kg前後と、外部グラフィックスを搭載したノートPCとしては比較的軽く、サイズもコンパクトで持ち運びがしやすいです。, ペンが使えて、タブレットに変形できるのも大きなメリットでしょう。多くの用途で使えるノートPCです。, HP Spectre x360 15は、スペックだけでなくデザイン性にも優れています。, ボディの縁は、エメラルドカットが施された多面体で、光り輝いており美しいです。また、コーナー部分がカットされており、電源スイッチやUSB Type-Cポートが配置された特徴的な形状です。, 本体はアルミニウムを採用し、アッシュブラックとゴールドのツートンとなっており、高級感があります。, HP Spectre x360 15は、4K IPS液晶、もしくは4K HDR OLEDディスプレイを搭載しています。, 4K OLEDディスプレイに関しては、広色域、100,000:1の高コントラスト比、HDR400に対応しており、正確な色表現で、メリハリがあり、くっきりとした表示が可能です。, また、工場出荷時にΔE<2の精度でのカラーキャリブレーションがなされています。このΔE<2という精度は、色差が非常に小さく、訓練された人しか見分けることができないレベルを表わしています。そのため、HP Spectre x360 15で作成したものを、他のPC(色表現の正確な)などで表示したり、印刷したりしたときに、思った色と違う、というようなことが起こりにくいです。, さらに、HP Display Controlを使用して、ディスプレイの色域変換が可能です。動画編集ならDCI-P3、写真編集ならAdobe RGB、ウェブコンテンツ作成ならsRGBという具合に変化させることができ、扱いやすいPCです。なお、メーカーの人との話によると、ファームウェア内に各色情報が保存されており、これをHP Display Controlから読み出しているそうです。, HP Spectre x360 15では、HPの新しいアクティブペンであるHP MPP アクティブペンが同梱されており、ペンでイラストや手書き文字を描くことができます。, 旧モデルに同梱されていたHP Spectre アクティブペン2と比較すると、大幅に性能が向上していることが分かります。MPP2.0に対応し、遅延が少なくなり、4096段階の筆圧感知機能となることで、より本格的な描画にも使用できます。バッテリーの持ちもよくなりましたし、簡単にバッテリー残量を確認できるようにもなりました。さらに、充電しながらの使用が可能になったり、磁気でPC本体に吸着出来たりと、細かい部分でも使い勝手が向上しています。, ただし、製品の特性上、斜めの線をゆっくり描いたときに波打つ現象(ジッタ―)は発生します。, また、好みの問題でもありますが、iPad ProのApple Pencilのようにペン先の感触が固く、滑りやすいです。ペン先が柔らかいほうが良ければ、Microsoft Pen プロトコルの方式を採用したSurfaceペンやBAMBOO Ink Plusペンを使うといいでしょう。, イラスト制作アプリのAdobe Fresco対応のデバイスとしての認定も受けています。Adobe Senseiを利用した水彩、油彩が本物そっくりに描ける点が特徴のソフトです。, HP Spectre x360 15は、顔認証センサーと、指紋認証センサーを備えており、Windows Helloの顔認証、または指紋認証を使用してのWindowsへのログインも可能となっています。, また、ウェブカメラのキルスイッチがついており、カメラを電気的にOFFにすることができるので、ウェブカメラを使った盗撮行為を防止することができます。, HP Spectre x360 15のデメリットですが、動画編集など負荷のかかる作業をすると表面温度が高くなります。パームレスト部分さえ温度が低めであれば、そこまで気にはならないものですが、本製品はパームレスト部分が結構熱くなります。そのため、負荷の高い作業をしていると手のひらが熱くなり、気になります。, HP Spectre x360 15は、以下のようにサーマルプロファイル(動作モード)を変更できます。状況によって使い分けるといいでしょう。本製品はやや熱くなりやすいので、基本的には「HP推奨モード」でいいと思います。ただし、後述しますが、「パフォーマンスモード」より処理速度は遅くなります。, 以下、クリエイター向けソフトを使ったときの使用感や各種処理時間を掲載します。処理時間の棒グラフに関しては、本製品で計測したものを緑色にしています。, いずれのソフトも快適に動作しますが、やや気になるのはメモリ容量です。いずれかのソフトを単一で起動するなら16GBでも足りますが、複数のクリエイター向けソフトを同時に起動すると、16GBのメモリでは不足する可能性があります。オンボードメモリなので交換することもできません。もう少し多めのメモリを選択できると良かったです。, まずは、筆者も毎日のように使用しているLightroom Classicを試しましたが、非常に快適に操作できます。, 筆者がよく使うレンズ補正、露光量・白レベルの変更、スポット修正などを実行しても、すぐにプレビュー画面に反映されます。, 現像時間も、Core i7-10750Hにしてはやや遅いですが、それでも十分な速さです(パフォーマンスモードで計測)。, 上述したように、ディスプレイの色域も広く、Web掲載用、印刷用のどちらのコンテンツにも適した製品です。, 「ぼかし」、「変形」、「広角補正」、「ゆがみ」などの各種フィルターを適用してみましたが、直ぐに反映されます。また、「被写体を選択」、「オブジェクト選択ツール」、「コンテンツに応じた塗りつぶし」といった人工知能を用いた処理も、数秒で終わります。, 液晶についても、上述したように広い色域を持っており、Photoshopの使用に適したノートPCと言えると思います。, 4K動画を使ったカット&テロップ挿入などの簡易的な編集、Lumetriカラーによるカラー補正、グリーンバックを使ったクロマキー合成などを行ってみましたが、非常に快適に作業できました。プレビューもカクつくことなく再生できます。, 一部の区間のレンダリング、ワープスタビライザー、最終書き出しのような時間のかかる処理については、GeForce RTXシリーズのようなグラフィックスを搭載した上位の機種と比べるとやや時間がかかりますが、大きく違うわけでもありません。なお、下の書き出し時間は、パフォーマンスモードで計測しています。, エンコードのみパフォーマンスモードおよびHP推奨モードで処理時間を計測しました。速いエンコードではありますが、Core i7-10750Hにしてはやや遅いかなと感じました。熱の影響なのか、CPUクロックが徐々に下がっており、時間のかかる処理であればあるほど、徐々に遅くなっていくような感じでした。, HP Spectre x360 15には、4K IPS モデルと、4K OLED モデルがあります。今回は、4K OLEDディスプレイについて評価します。, 色域が非常に広く、色域変換機能もあり、多くの用途で使用できるディスプレイです。最大輝度は、当サイトの計測では375cd/m2とやや高めです。その他の特性については以下のタブをクリックしてご覧ください。, 下表のように色域は非常に広いです。また、前述したように、色域を変換する機能も搭載されており、Webコンテンツ制作、印刷用コンテンツ制作のどちらの用途でも、扱いやすいです。, ガンマ補正曲線を確認すると、どの色も揃っており直線的です。自然な発色であることが分かります。なお、どのディスプレイモードで計測しても同様でした。, 画素形状です。ギラつきはほとんど感じませんが、タッチパネル特有の電極線がやや見えます。, コンバーチブル型の2 in 1 PCは光沢ディスプレイが多いですが、本製品はアンチリフレクションにより反射が抑えられており、映り込みも少なく、長時間の使用でも目が疲れにくくなっています。, フリッカーが確認できました。輝度を高めにしていれば、それほど酷くはないですが、低めだとバックライトが消灯している時間が結構長いので、体質によっては眼が疲れる方もいるかもしれません。, 仕様では、キーピッチ : 約18.0×18.4mm、キーストローク : 約1.5mmとなっています。割としっかりとした打鍵感があり、普通の打ち心地だと思います。, ここでのテストは、「HP推奨モード」および「パフォーマンスモード」の両方で計測しています。, 今回、Core i7-10750Hを搭載しています。「HP推奨モード」だとこのCPUにしてはベンチマークスコアがやや低めです。「パフォーマンスモード」もやや低めですが、このくらいのスコアのPCもあるので、大きく低いというわけでもありません。, グラフィックスはGeForce GTX 1650Ti Max-Qを搭載しています。GeForceシリーズの中ではエントリー向けのグラフィックスとなります。, microSDカードスロットの速度は比較的速いです。カード挿入後の出っ張りはほとんどありません。, メーカーサイトには、4K IPSモデルが約2.04kg、4K OLEDモデル:約1.92kgと書かれてています。4K OLEDモデル計測した当サイトの計測値は下表の通りです。, HシリーズのCoreプロセッサーにGeForce GTXシリーズを搭載したノートPCとしては比較的軽いのではないかと思います。, 当サイトにて計測したバッテリー駆動時間は次のようになります。高性能パーツを搭載しているので、それほど長くは駆動できません。, 以下、静音性、パーツの温度、表面温度、消費電力を計測していますが、搭載するパーツの種類によって結果は大きく変わります。なお、以下は一部を除き「パフォーマンスモード」で実行しています。, 騒音値は普通かなと思います。なお、HP推奨モードでも、パフォーマンスモードでも騒音値はほとんど変わりませんでした。, ターボブースト後、CPUクロックが徐々に下がると共にCPU温度も徐々に下がってきます。最初はやや高めの温度ですが、後半は低めの温度になります。, また、HP推奨モードよりパフォーマンスモードのほうが全体的にやや高めの温度でした。, 本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。, 全体的に表面温度は高めです。特にパームレスト部分の温度が高めで、少し高めの負荷をかけると手の平が熱くなり不快です。ずっと触っていると火傷しそうです。, また、本製品は背面から排気するのではなく側面から排気します。そのため、マウスを使っていると手がやや暖かくなります。, 消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、約10分経過後から確認できた最も高い数値を掲載しています。, 通常のノートPCよりは高めの消費電力ですが、クリエイター向けノートPCとしては低めの消費電力ではないかと思います。, キーボードの上部及び側面の斜めになっているところに、スピーカーが搭載されており、音質は比較的良いです。音質は、ノートPC基準で、10点満点で採点すると6点くらいです(普通が5点。あくまで筆者独自の判断です)。, HP Spectre x360 15のインターフェイスは、USB-C x2(USB Power Delivery、DisplayPort、Thunderbolt 3に対応)、フルサイズUSB、HDMI、microSDカードリーダーとなっています。USB-Cを利用しての給電や外部ディスプレイへの接続も可能なので、持ち出して使用するときでも便利です。, ACアダプターは135Wで、丸みを帯びていて持ちやすいです。ただし、電源ケーブルは太いです。, HシリーズのCoreプロセッサー、GeForce GTX 1650Ti Max-Qと高いスペックに、広色域ディスプレイを搭載し、ペンも使えて、タブレット形状などにもなる多機能の2 in PCです。, 4K OLEDディスプレイについては、Adobe RGBやsRGBなどへ色域を変換できる仕組みも搭載されています。, アッシュブラックとゴールドのツートンカラーで、エッジは特徴的な形状をしており、デザインも非常に良いと思います。, ただし、表面温度が高めです。高い負荷をかけつつ手をPC上に置いてタイピングなどしていると、手の平がかなり熱くなるので扱いには注意が必要です。, HPのパソコンの一覧ページ。各シリーズの違いや、おすすめ製品の紹介。各製品のレビュー記事もあり。, 約10年間にわたり、年間100機種以上、パソコンを細かくチェックしている筆者がおすすめするノートパソコン。, 情報等の内容の正確さ、適切さに関して、いかなる保証も致しません。万一、本サイト上の情報等の内容に誤りがあった場合でも、一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。, TMPGEnc Video Mastering Works 7 によるエンコード時間.

ブライス ゴスロリ 型紙 10, Tableau Offline Activation 4, レノボ Ideapad S340 カメラ 4, 榊立て 割れ ない 6, あ 濁点 縦書き 10, メンタルエース ホスト 意味 9, 野良猫 子猫 生存率 10, ポケモン剣盾 ローカル レイド できない 10, 男鹿 と は 9, オフィス トイレ トレンド 11, Nhk Bsメッセージ 無視 20, マキノピックランド レストラン メニュー 7, Wrx Sti F型 フォグランプ 6, Group By 複数テーブル 7, Material Ui List Scroll 6, 同居 韓国 漫画 6, Japan Guide Penpal 4, Dap おすすめ 2020 5, 炊飯器 サンヨー 買い替え 5, オンライン授業 Ipad おすすめ 4, 桑田真澄 プロスピ 査定 7, 移動ポケット ティッシュ ポケット2つ 4, Windows10 ショートカット 起動オプション 4, 430mhz 八木アンテナ ナガラ 11, クレアチン 効果 脳 5, R1200rt 空冷 オイル交換 22, Hdmi 分配器 映らない 26, 英語 曜日 大文字 34,