windows8のインストールメディア作成, こちらのスレッドにもあるように、注文番号が記載されているメールのリンクより再ダウンロードを行う際に、Windows 8 のインストール メディアを作成することができるようです。作成したインストール メディアを利用することで、再インストールなどができますよ。 なお、もしも Windows 8 プレインストール版 メーカー製 PC をご利用ということでしたら、作成方法はメーカーによって異なるかと思いますので、方法の詳細についてはメーカーの Web サイトを参照したり、サポート窓口を利用されると正確かと思います。 オーディオやサウンドに問題がありますか?HPの自動オーディオチェックをお試しください! リカバリイメージの USB フラッシュドライブへの保存についての詳細は、2013 年以前に製造されたノートブック (黒い背景) では Windows 8 におけるリカバリディスクの作成または USB フラッシュドライブへのリカバリイメージの保存の HP … リカバリディスクはユーザーで作成することも出来ます。 >HP PC - Windows 10 リカバリディスクの作成手順&リカバリ方法 オーディオやサウンドに問題がありますか?HPの自動オーディオチェックをお試しください! 概要. Windows 8 のインストール後に使用に備えます。 ステップ 3: リカバリ ディスクを作成し、重要なファイルをバックアップする まだバックアップしていない場合は、Windows 7 システムリカバリ ディスクセットを作成する {{#if (eq ../this.length 3)}}, HPバーチャルエージェントです。 お手数ですが、お困りの内容を教えいただきまして、解決策を提供いたします。. 確認された結果など、返信お待ちしています。, フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。, このスレッドはロックされています。質問をフォローすることや役に立つと投票することはできますが、このスレッドに返信することはできません。. HPのPCまたはプリンターでWindows 10アップデートの問題を修正して解決します。こちらをクリックください, 新型コロナウィルス感染症拡大に伴い、企業向けPC修理受付窓口が大変混雑しているため、お電話がつながりにくくなったり、出張訪問修理やお預かり修理にお時間をいただく場合がございます。, シリアル番号を調べる 本書は、Windows 8 が稼働する HP および … 製品番号を調べる, このブラウザーでは JavaScript が無効になっています。 このページには JavaScript が必要です。 JavaScript を実行できるように、ブラウザーの設定を変更してください。 具体的な手順については、ブラウザーの資料を参照してください。, 本書は、Windows 8 が稼働する HP および Compaq コンピューターに適用されます。, 本書では、HP Recovery Media Creation ソフトウェアを使用して、ディスクまたは USB フラッシュ ドライブにリカバリ ソリューションを作成する方法を説明します。, リカバリ ソリューションを使用して、コンピューターを元のソフトウェア構成に復元することができます。, USB フラッシュドライブ でリカバリイメージを ブート させる場合、使用する USB フラッシュドライブが ブート に対応している必要があります。, まだの場合、リカバリ ディスクの作成、または USB フラッシュ ドライブ ソリューションの作成をすぐに行ってください。, ハードディスクが故障する事態では、リカバリ ソリューションを使用して新しいハードディスクに元のソフトウェア構成を復元することができます。, また、コンピューターがウィルスに感染する、または重大なソフトウェアの問題が発生する場合は、HP System Recovery を使用してハードディスク上の情報を消去し、復元することができます。, お使いのコンピューターには次の2つのリカバリ メディア作成オプションがあります。 DVD ディスクまたは USB フラッシュ ドライブ 最も便利なオプションを使用してください。, お使いのコンピューターで提供されるメディア オプションに応じて、次の手順のいずれかを実行します。, リカバリ作業の前、コンピューターに保存されているデータをバックアップする場合は、 >>, Recovery Media Creation ソフトウェアは、未使用の書き込み可能な DVD (DVD-R または DVD+R) を使用してシステム リカバリ ディスクを一式作成します。, このリカバリ DVD は大変重要であるため、信頼できるメーカー製ブランドの商品を使用してください。, 約 4 枚の未使用 DVD+R ディスクが必要になります。 Recovery Media Creation ソフトウェア プログラムは、処理の最初に何枚のディスクが必要か表示します。, DVD-R、DVD-R DL、DVD+R、DVD+R DL のみが、Recovery Media Creation プログラムに対応します。 次のタイプのディスクは、Recovery Media Creation プログラムに対応, Recovery Media Creation ソフトウェア プログラムでは、ディスクセット一式を作成することができます。, Recovery Media Creation ソフトウェアプログラムは、ディスク一式の作成に破損していないリカバリ パーティション (リカバリ イメージ (D:)) を必要とします。, 作成の処理には DVD 1枚あたり約 30 分かかります。 リカバリ ディスク一式を1回のセッションで作成する必要はありません。, 次回 Recovery Media Creation ソフトウェアが起動すると、前回止めた所から自動的に開始されます。, お使いのコンピューターで作成するリカバリ ディスクを別のコンピューターで使用できるのは、2台目のコンピューターがリカバリ ディスクを作成したものと同一モデルである場合に限られます。, 次の手順に従ってリカバリ ディスクセットを作成し、ドライバーをインストールしてください。, お使いのディスク ドライブが DVD+R フォーマットをサポートする場合は、DVD+R ディスクを使用してください。 CD や DVD-RW ディスクは、Recovery Media Creation プログラムに, ディスク作成中にドライブ暗号化ソフトウェアが起動すると、ファイル検証エラーが発生する可能性があります。 ドライブ暗号化ソフトウェア (, リカバリ マネージャに既にリカバリ ディスク セットが作成済みであることを示すメッセージが表示される場合、さらにリカバリ ディスク セットを作成することはできません。 使用許諾契約の制約のため、リカバリ メディアは1セットしか作成できません。, リカバリ ディスク セットの作成に必要なディスクの枚数が Recovery Media Creation プログラムに表示されます。, ウィンドウに表示されたのと同数の空の DVD を用意し、油性ペンを使用してディスク番号を元にして名前を書きます。, [リカバリ メディアの作成] ウィンドウが開き、次のプロセスのステータスが表示されます。, 書き込み処理を途中でキャンセルすると、ディスクが破壊されたり、読めなくなることがあります。キャンセルする前に、ディスクの書き込みと検証の処理が完了し、次のディスクが要求されるまでお待ちください。, Recovery Media Creation がすべてのリカバリ ディスクの作成に成功するまで、ディスクの作成を継続します。, 作成したディスクを保護することが重要です。 ディスクを、日光の当たらない安全な暗い場所に保管します。, リカバリ ディスクを1セット作成した後でもう1セット作成しようとすると、リカバリ ディスク セットは1つしか作成できないと書かれた画面が表示されます。, 1枚目のリカバリ ディスク セットが不完全または損傷しており、このメッセージが表示される場合、別の方法を使用して新しいディスクを使用してください。, 周辺機器やLANケーブルが接続されている場合は、すべて取り外し、ACアダプターとバッテリーを使用して外部電源に接続します。, ディスクが排出され、ディスク検証エラーメッセージが表示される場合は、そのディスクへのディスク書き込みに失敗しました。, エラーがまた発生する場合は、別のブランドの書き込み可能ディスクを使用してください。, この項では、リカバリ イメージを USB フラッシュ ドライブに保存する方法を説明します。, 少なくとも 32 GB の容量の空の USB フラッシュ ドライブを使用します。 信頼できるメーカーのブランド品のご利用を推奨します。, リカバリ ディスクを1セット作成している場合、USB ドライブにシステムイメージを作成できません。, Media Creation ソフトウェアは、ディスクセットを作成するのに、破壊されていないリカバリ パーティション (FACTORY_IMAGE D:) を必要とします。, 以下の手順を実行し、USB フラッシュ ドライブにリカバリ イメージを保存します。, このメディアの作成中にドライブ暗号化ソフトウェアが起動すると、ファイル検証エラーが発生する可能性があります。 ドライブ暗号化ソフトウェア (, リカバリ マネージャに次のメッセージが表示される場合、リカバリ イメージは既に作成済みです。 使用許諾契約の制約のため、リカバリ メディアは1セットしか作成できません。 1枚目のリカバリ ディスク セットが不完全または損傷しており、このメッセージが表示される場合、別の方法を使用して新しいディスクを使用してください。, リカバリ メディアを作成する場所を示すため、USB フラッシュ ドライブをコンピューターの USB ポートの1つに挿入します。, お使いの USB フラッシュ ドライブの場所を選択して、[次へ] をクリックします。, フラッシュ ドライブがフォーマットされることを示す [リカバリ マネージャ] メッセージが開きます。, このフラッシュ ドライブをフォーマットすると、ドライブ上のすべてのファイルが消去されます。, 続いて、ファイルが正しくコピーされたことをソフトウェアが検証します。 各処理用の画面が表示されます。, リカバリ イメージの保存に成功した後で、別のリカバリ イメージを USB フラッシュ ドライブに保存しようとすると、リカバリ ディスク セットは1つしか保存できないと書かれた画面が表示されます。, {{#each this}} ここでは Windows 10 プリインストールモデルで、HP リカバリマネージャーがインストールされている製品でのリカバリ ディスクの作成手順を説明いたします。 補足: リカバリ ディスクの作成は PC 1 台につき1セット(1 回)のみです。 リカバリ ディスクということですが、 Windows 8 のインストール メディアを作成されたい、ということでよいでしょうか。 また、ご利用のWindows 8 ですが、ダウンロードにより入手されていますか? もしそうでしたら、次のスレッドが参考になるかと思います 更新日:2013/11. Windows 8. オーディオやサウンドに問題がありますか?HPの自動オーディオチェックをお試しください! リカバリ ディスクということですが、 Windows 8 のインストール メディアを作成されたい、ということでよいでしょうか。 マイクロソフト コミュニティ のご利用ありがとうございます。 Windows 10から回復ドライブと呼ばれるパソコンの修復機能が搭載されました。しかし、回復ドライブの作成途中で、エラーが表示されて先に進めない人もたくさんいます。何度やっても失敗するので、回復ドライブの作成を断念する人も少なくありません。 また、ご利用のWindows 8 ですが、ダウンロードにより入手されていますか? 不明点がありましたら、遠慮なく投稿してみてくださいね。 ‘•E‘ÝEƒƒ“ƒeƒiƒ“ƒX‚ðs‚¤•û‚Ö, y‰Ž©ìzRyzen 7 3700X‚ÆRX 5700 XT‚É‚æ‚鎩ì, ƒTƒ‰ƒ_‚ª‚²‚¿‚»‚¤‚ɁI uŒƒƒEƒ}v‚Ƙb‘è‚̃hƒŒƒbƒVƒ“ƒO‚ðH‚̃vƒ‚ª”äŠr, PS5‚Ì”š‘¬ƒ[ƒh•”ü—íƒOƒ‰ƒtƒBƒbƒN‚ðŒ©‚æI PS4 Pro‚Æ”äŠrƒeƒXƒg, y“®‰æz‚ǂꂾ‚¯¬‚³‚¢H‚ǂꂾ‚¯‘å‚«‚¢H uiPhone 12 minivuiPhone 12 Pro Maxv, MousePro-NB410H Core i5/8GBƒƒ‚ƒŠ/256GB SSD/14Œ^ƒtƒ‹HD‰t»“‹Úƒ‚ƒfƒ‹. © Copyright 2020 HP Development Company, L.P. このコンテンツの対象条件 (対象機種、対象 OS など) については、こちらをご覧ください。, 申し訳ありませんが、バーチャルエージェントは現在ご利用いただけません。後ほど改めてご利用ください。, Samsung Print製品の場合は、製品ラベルにあるM/C(モデルコード)を入力してください。 -, 製品名と併せてキーワードを含めてください。例:「Photosmart 5520 紙詰まり」、「ProBook 450 G3 bios」. {{#if (eq ../this.length 3)}}, HPバーチャルエージェントです。 お手数ですが、お困りの内容を教えいただきまして、解決策を提供いたします。. HP PC - リカバリ ディスクを作成する、またはリカバリ イメージを USB フラッシュドライブに保存する (Windows 8) 対象OS. HPのPCまたはプリンターでWindows 10アップデートの問題を修正して解決します。こちらをクリックください, 新型コロナウィルス感染症拡大に伴い、企業向けPC修理受付窓口が大変混雑しているため、お電話がつながりにくくなったり、出張訪問修理やお預かり修理にお時間をいただく場合がございます。, シリアル番号を調べる HPのPCまたはプリンターでWindows 10アップデートの問題を修正して解決します。こちらをクリックください, 新型コロナウィルス感染症拡大に伴い、企業向けPC修理受付窓口が大変混雑しているため、お電話がつながりにくくなったり、出張訪問修理やお預かり修理にお時間をいただく場合がございます。, シリアル番号を調べる もしそうでしたら、次のスレッドが参考になるかと思います リカバリ ディスクの作成手順. 製品番号を調べる, このブラウザーでは JavaScript が無効になっています。 このページには JavaScript が必要です。 JavaScript を実行できるように、ブラウザーの設定を変更してください。 具体的な手順については、ブラウザーの資料を参照してください。, Windows 8が搭載されたHPコンピューターに再インストールまたは復元を実行して、以前の状態に戻す方法を説明します。さらに、HP Recovery Manager を使用してシステム リカバリを実行する方法も説明します。, Windows 8 でデスクトップPCを出荷時の状態に戻す手順は、ノートブックPCを出荷時の状態に戻す手順とは異なります。以下の手順も、コンピューターの製造時によって異なります。, Recovery Manager が開いたら、お使いのコンピューターのを次のテーブルの例と一致させ、該当する復元手順の項をご参照ください。, 完全な復元プロセスは、4時間から 6時間以上かかることがあります。最善の結果を得るには、コンピューターをインターネットに接続しない状態で行ってください。処理の途中でコンピューターは数回再起動します。Windows へのログイン要求が表示されるまで、電源をオフにしたり、復旧のプロセスを中断したりしないでください。, 最新バージョンのWindows 8を使用していない場合、本ドキュメントのグラフィックスや情報が異なる場合があります。最新バージョンはMicrosoftストアで入手できます。, お使いのコンピューターに元々Windows 7が搭載され、Windows 8にアップグレードした場合は、, お使いのコンピューターによっては、3 通りのシステム回復を利用できる場合と、2 通りしか利用できない場合があります。必要以上の変更を加えずに問題を解決する復元タイプを使用してください。, オペレーティングシステムパーティション (通常はC:) のサイズが最小サイズ要件を下回った場合、他のユーザーが作成したパーティションは削除され、保存されているデータは破棄されます。, 工場出荷時設定の復元のオプションは、コンピューターのソフトウェアをすべて購入時の状態に戻します。ユーザーによる変更や追加はすべて削除されます。, お使いのコンピューターを以前の状態に戻す場合は、システムリカバリを使用して、次を行います。, 以下の方法のいずれかを使用して Windows 8 を搭載する、お使いの HP ノート ブック コンピューターを回復する方法を説明します。, Windows 8 が適切に開く場合、以下の手順で Windows 8 スタート画面からシステム回復を開始します。, モニター、キーボード、マウス、および電源コード以外のすべての周辺機器を取り外します。内部ドライブからメディアを外し、最近追加した内部ハードウェアを外します。, 管理者パスワードまたは確認を要求されたら、パスワードの入力または確認を行ってください。[ユーザーアカウント制御] ウィンドウで、プログラムがコンピューターに変更を加えることを許可する場合は、, Recovery Manager 画面がここで示されたものとは異なる場合がありますが、手順は同じです。, Recovery Manager が、再起動してリカバリ環境に入るか聞いてきます。, コンピューターが再起動します。ハードディスク ドライブ上でリカバリ パーティションが正しく機能している場合、[Recovery Manager] 画面が表示されます。, Recovery Manager がファイルをバックアップするか聞いてきたら、次のようにしてバックアップ オプションを選択します。, パーソナルファイルのバックアップがすでに完了したか、またはパーソナルファイルのバックアップを行わない場合は、, 個人ファイルのバックアップを行う場合は、以下の手順に従ってバックアップを作成します。, これには30分もかかる場合があります。バックアッププロセスは中断しないでください。, Recovery Manager は、コンピューターのストレージデバイスをスキャンします。ストレージデバイスを選択してバックアップを保存し、, バックアップファイルの保存先に選択したメディアに応じて、コンピューターはブランクディスクまたは USB フラッシュドライブの挿入を求めてきます。コンピューターにメディアを挿入し、, Recovery Manager にはバックアップメディアへのファイルのバックアップと保存の進捗が表示されます。, Recovery Managerがファイルのバックアップを完了したら、バックアップディスクまたはストレージデバイスを外してから、, HP Recovery Manager の [ようこそ] 画面が表示されます。画面に表示された情報を読み、モニター、キーボード、マウス、および電源コード以外のすべての周辺機器を外します。内部ドライブからメディアを外し、最近追加した内部ハードウェアを外します。, このプロセスには30~45分かかります。リカバリプロセスの途中で HP Recovery Manager を中断しないでください。, リカバリの途中でコンピューターは数回再起動します。これは正常な動作です。HP Recovery の実行中にコンピューターを閉じたり、シャットダウン、またはケーブルを抜いたりしないでください。, Recovery Manager は Windows パーティションを再フォーマットし、元のソフトウェアを再インストールします。, セットアップが完了したら、コンピューターをオフにして、すべてのデバイスとケーブルを再接続し、コンピュータをオンにします。, コンピューターを使用する前に、システム リカバリの前にインストールされていたウィルス ソフトウェアとセキュリティ ソフトウェアを再インストールして、コンピュータをアップデートおよび保護してください。, コンピューターの購入後に追加したアプリケーションを再インストールし、さらにバックアップしたファイルで置き換えます。, 上記の手順を完了した後、必要に応じて、以下の文書の手順を使用し、お使いのコンピューターが最新で安全なことを確認します。, Windows 8 が正常に起動しない場合、以下の手順を実行してコンピューターをリカバリしてください。, ハードディスク ドライブ上のリカバリ パーティションが正しく機能していない場合、この方法は機能せず、エラーメッセージが表示されます。スタートアップ画面からシステム リカバリを実行できないというエラーメッセージが表示される場合、システム リカバリの実行にはリカバリ ディスク セットまたはUSBフラッシュドライブが必要になります。利用可能なリカバリメディアに応じて、以下のいずれかの項内の手順に従ってください。, Windows 8 では、クリックしてキーボード レイアウトを選択します。この機能は、Windows 8.1 ではご利用いただけません, コンピューターが再起動します。ハードディスクドライブ上でリカバリパーティションが正しく機能している場合、, オペレーティングシステム選択画面で、お使いのオペレーティングシステムを選択します。, バックアップファイルの保存先に選択したメディアに応じて、コンピューターはブランクディスクまたは USB フラッシュドライブの挿入を求めてきます。コンピューターにメディアを挿入してから、, 以下の手順に従って、リカバリ ディスク セット (CD または DVD) を使ってコンピューターを回復します。HP サポートから送付されたディスク、またはご自分で作成したディスクがリカバリディスクとして使用可能です。, リカバリソフトウェアがハードドライブ上にあるため、HP ではリカバリディスクをパーソナルコンピューターに同梱していません。リカバリディスクは HP サポート窓口から入手するか、Recovery Manager ソフトウェアを使用してご自分でリカバリディスクセットを作成してください。HP では、コンピューターが納品されたらリカバリディスクセットを作成し、安全な場所に保管することをお勧めします。HPサポートから送付されたリカバリディスクではシステムリカバリを完了するのに4~6時間かかることがありますが、通常、ご自分で作成したリカバリディスクはそれより短時間でシステムリカバリを完了します。リカバリディスク一式の作成についての詳細は、, 複数の CD/DVD ドライブをブート可能デバイスの一覧で選択することが可能なことがあります。その場合、一覧にある CD/DVD 選択肢のうちいずれかを選択し、HP Recovery が開始するかチェックします。リカバリが開始しない、または非システムディスクエラーが表示される場合は、電源ボタンを押してコンピューターを再起動し、この手順を繰り返して別の CD/DVD ドライブを選択してください。リカバリが開始したら、引き続き以下の手順によりリカバリを完了します。, ブートメニューからディスクドライブを選択できない場合、セキュアブートを無効にして、BIOSのレガシーモードを有効にします。詳細な説明については、本書の, ウインドウが表示され、Recovery Managerをハードディスクから実行するか、挿入したメディアから 実行するか選択するよう要求されることがあります。このウインドウが表示される場合、, Recovery Manager は Windows パーティションを再フォーマットし、元のソフトウェアを再インストールします。求められたら、各リカバリディスクを CD/DVD ドライブに挿入します。, まだ作成していない場合は、これらの手順に従って USB フラッシュ ドライブにファイルのバックアップを作成します。, コンピューターはUSBフラッシュドライブの挿入を求めてきます。コンピューターにメディアを挿入してから、, 以下の手順に従って、USBフラッシュドライブを使用してコンピューターを回復します。, USB フラッシュ ドライブにリカバリ メディアをまだ作成していない場合は、以下の手順を使用して作成します。, USB フラッシュ ドライブは、最大 32GB の画面に表示されるデータ量を保持できる必要があります。USBドライブのサイズが32GBより大きい場合、フラッシュドライブの残りのサイズは、リカバリメディアを作成した後で利用できなくなることがあります。リカバリ メディアの作成後、選択した USB フラッシュ ドライブのすべてのデータが失われることに注意してください。, 作成の処理によりディスクの準備し、画像をコピーしていることを確認し、ディスクを検証します。ディスクは USB フラッシュ ドライブ メディアを参照しています。, USB フラッシュドライブを使用してコンピューターを回復するプロセスは、リカバリディスクからコンピューターを回復するプロセスと非常によく似ています。USBフラッシュドライブを使用してコンピューターを回復するプロセスの手順の説明については、「, リカバリイメージの USB フラッシュドライブへの保存についての詳細は、2013 年以前に製造されたノートブック (黒い背景) では, ブートメニューからUSB フラッシュドライブを選択できない場合、セキュアブートを無効にして、BIOSのレガシーモードを有効にします。詳細な説明については、本書の, ウインドウが表示され、Recovery Managerをハードディスクから実行するか、挿入した USB フラッシュドライブから実行するか選択するよう要求されることがあります。このウインドウが表示される場合、, 画面の指示に従って、個人のデータをバックアップし、お使いのコンピューターを回復します。, リカバリとセットアップが完了したら、コンピューターの電源をオフにして、すべてのデバイスとケーブルを再接続し、コンピューターの電源をオンにします。, 一部の場合では、リカバリディスクを使用してコンピューターを起動するために、BIOS のセキュアブートを無効にする必要がある場合があります。以下の手順に従って、BIOS でセキュア ブートを無効にします。, コンピューターの電源をオンにしたらすぐに、[スタートアップ] メニューが開くまで、1 秒に 1 回程度, メニューを移動するには、左右の矢印キーを押して、メニュー画面を選択します。上下矢印キーを使用して、メニュー画面の項目の一覧を移動します。, コンピューターセットアップユーティリティが終了し、コンピューターが再起動します。コンピューターが再起動した場合、オペレーティングシステムブートモード変更画面が表示され、ブートオプション変更を確認するよう要求してきます。画面に表示されたコードを入力し、, コンピューターセットアップユーティリティが終了し、コンピューターが再起動します。コンピューターが再起動したら、電源ボタンを押してコンピューターの電源をオフにします。, 以下のドキュメントはコンピューターを元の構成に復元するためにコンピューターを復元した後に実行するプロセスを示しています。コンピューターが設定されてから最新のアップデートを入手するまでの間は、セキュリティの脅威に対してより脆弱です。適切なドキュメントの手順を使用し、お使いのコンピューターが最新で安全なことを確認します。, お使いのコンピューターを以前の状態にする場合は、システムリカバリを使用して以下の処置を完了します。, 以下の方法のいずれかを使用して Windows 8 を搭載する、お使いの HP デスクトップ コンピューターを回復する方法を説明します。, Recovery Manager が、コンピューターを工場出荷時の状態に回復するか聞いてきます。, コンピューターが再起動します。ハードディスク ドライブ上でリカバリ パーティションが正しく機能している場合、[Recovery Manager] ウィンドウが表示されます。, ハードディスク ドライブ上のリカバリ パーティションが正しく機能していない場合、システム リカバリの実行にはリカバリ ディスク セットが必要になります。「, パーソナルファイルのバックアップがすでに行われている場合、またはパーソナルファイルのバックアップを行わない場合は、, ファイル バックアップ ウィザードによりバックアップするファイルをスキャンし、バックアップ ファイルを作成します。, CD または DVD ドライブを選択した場合、空のディスクを挿入するように指示されます。, バックアッププロセスが失敗した場合、ストレージでアイス容量がファイル保存に十分であることを確認するか、コピーしたファイルいくつかを選択解除します。ファイル破壊が、失敗したバックアップの他のリソースの原因になることがあります。このバックアップ方法でファイルを保存できないこともあります。, オペレーティングシステム選択画面で、お使いのオペレーティングシステムをクリックします。Recovery Manager が開きます。, Recovery Manager がファイルをコンピューターにスキャンし、バックアップファイルを作成します。, ディスクドライプ (CD または DVD) を選択した場合、コンピューターは空のディスクを挿入するように要求します。, リカバリソフトウェアがハードドライブ上にあるため、HP ではリカバリディスクをパーソナルコンピューターに同梱していません。リカバリディスクは HP サポート窓口から入手するか、Recovery Manager ソフトウェアを使用してご自分でリカバリディスクセットを作成してください。HP では、コンピューターが納品されたらリカバリディスクセットを作成し、安全な場所に保管することをお勧めします。サポートから送付されたリカバリディスクではシステムリカバリを完了するのに4~6時間かかることがありますが、通常、ご自分で作成したリカバリディスクはそれより短時間でシステムリカバリを完了します。リカバリディスク一式の作成についての詳細は、, コンピューターの電源をオンにして、最初のリカバリディスクをドライブの中に挿入します。, 複数の CD/DVD ドライブをブート可能デバイスの一覧で選択することが可能なことがあります。その場合、一覧にある CD/DVD 選択肢のうちいずれかを選択し、HP Recovery が開始するかチェックします。リカバリが開始しない、または非システムディスクエラーが表示される場合は、電源ボタンを押すことによりコンピューターを再起動し、この手順を繰り返して別の CD/DVD ドライブを選択してください。リカバリが開始したら、引き続き以下の手順によりリカバリを完了します。, ブートメニューからディスクドライブを選択できない場合、セキュアブートを無効にして、BIOSのレガシーモードを有効にします。詳細説明については、本書の, お持ちのリカバリディスクのタイプによって、以下のオプションのいずれかを選択します。, システム リカバリがファイルをバックアップするか聞いてきたら、次のようにしてバックアップ オプションを選択します。, システムリカバリが完了した後、ディスクを取り出します。トレイがディスクを排出しない場合は、コンピューターケースの [取出] ボタンを押してディスクを取り出します。, お使いのコンピューターのモデルによって異なりますが、コンピューターはシャットダウンまたは再起動します。コンピューターがシャットダウンした場合は、5 秒待ち、コンピューターの電源をオンにします。, HPから送信された [送信済みリカバリディスクサポート] を使用している場合、リカバリプロセスの完了まで1時間に上かかることがあります。リカバリプロセスは中断しないでください。リカバリプロセスはWindowsセットアップ画面が表示されると完了です。, セットアップが完了したら、コンピューターをオフにして、すべてのデバイスとケーブルを再接続し、コンピューターをオンにします。, コンピューターをオンにしてから、USB フラッシュドライブを USB ポートに挿入します。, ブートメニューからUSB フラッシュドライブを選択できない場合、セキュアブートを無効にして、BIOSのレガシーモードを有効にします。詳細説明については、本書の, すでにパーソナルファイルをバックアップしているか、またはパーソナルファイルのバックアップを行わない場合、, Windows セットアップが完了したら、コンピューターをオフにして、すべてのデバイスとケーブルを再接続し、コンピュータをオンにします。, まだ作成していない場合は、これらの手順に従って USB フラッシュ ドライブにリカバリメディアを作成します。, コンピューターが起動するとすぐに、ブートモードが変更されたことを示すメッセージが表示されます。, コードにはテキストフィールドが表示されません。これは想定される動作です。番号を入力すると、テキストフィールドがなくともコードが記録されます。, お使いのコンピューターを以前の状態に戻す場合は、システムリカバリを使用して以下の処置を完了します。, Recovery Manager は、コンピューターのストレージデバイスをスキャンします。バックアップを保存するストレージデバイスを選択し(お使いのドライブ名が異なる場合があります)、, Recovery Managerがファイルのバックアップを完了したら、バックアップUSBフラッシュドライブを取り外し、, CD または DVD ディスクを選択した場合、コンピューターは空のディスクを挿入するように要求します。, CD または DVD ドライブ選択した場合、空のディスクを挿入するように指示されます。, モニター、キーボード、マウス、および電源コード以外のすべての接続された周辺機器を取り外します。内部ドライブからメディアを外し、最近追加した内部ハードウェアを外します。, ウインドウが表示され、Recovery Managerをハードディスクから実行するか、挿入したUSBドライブから実行するか選択するよう要求されることがあります。このウインドウが表示される場合、, リカバリソフトウェアがハードドライブ上にあるため、HP ではリカバリディスクをパーソナルコンピューターに同梱していません。リカバリディスクは HP サポート窓口から入手するか、Recovery Manager ソフトウェアを使用してご自分でリカバリディスクセットを作成してください。HP では、コンピューターが納品されたらリカバリディスクセットを作成し、安全な場所に保管することをお勧めします。サポートから送付されたリカバリディスクではシステムリカバリを完了するのに4~6時間かかることがありますが、通常、ご自分で作成したリカバリディスクはそれより短時間でシステムリカバリを完了します。リカバリディスクセットの作成についての詳細は、, {{#each this}}

Siri 無効化 Mac, ビエラ 録画 内蔵 再生, にんじん ジュース おろし金, エアジョーダン1 ロー サイズ感, 七つの大罪 キャスト 一覧, Vba Address 行番号, Iphone 勝手に動く 画面割れ, Gimp 透明部分 塗りつぶし, 箱根駅伝 2016 復路, 銀魂 エリザベス すね毛, Twice Tt ダンス 日本語, Php 文字列 切り出し 指定文字, 海田 駅 時刻表, 京 急 採用 人数, ヴィーガン パウンドケーキ バナナ, ゲーム モニター 距離, 原発不明 が ん ブログ, Clipbox Youtube ダウンロードできない, ピーチ 仁川 羽田 ターミナル, 英文 スラッシュ 使い方, Zoom 画面録画 音声入らない Iphone, ヴォクシー 80 スピーカー おすすめ, Pdf 範囲指定 保存, 犬 心臓病 食事 手作り, スチレンペーパー ラジコン 飛行機, Vscode デバッグコンソール 入力,