サタン. 悪魔とは何であるかについては、いろいな説明がある。 ・善に生きる神の信徒達の、敵としての悪。 ・人間の女に恋をするなど、欲望に負けた堕天使。 「天使」神の使い達の種類、階級、役割。七大天使。 … 今回はファンタジー小説を書くうえで、資料になる本を紹介したいと思います。 ファンタジーでは必ずと言っていいほど存在する”魔法” しかし物語によってその魔法も色々と変わってきます。 今回私自身が良く使われる魔法って、どんな種類があるのだろうかと思い色々と調べてみまし … 正しい定義は... http://www.flickr.com/photos/karen_roe/3638435397/. 今回私自身が良く使われる魔法って、どんな種類があるのだろうかと思い色々と調べてみました。, 1つは魔法に属性が有るもの。火、水、風、土などヨーロッパの4大元素や、東洋の五行から来たものです。日本の今の主流はこちらでしょうか。, もう1つが属性に限らない魔法です。有名所だと、ハリーポッターやひみつのアッコちゃん辺りでしょうか。魔力と呪文などによって、属性に限らない事象を引き起こす事ができます。, 日本において属性魔法が主流になった理由は、ファイナルファンタジーやドラゴンクエストといったRPGゲームの影響が大きいでしょう。何故なら、それらゲームが出来る前は、ひみつのアッコちゃんなどといった、呪文を使う魔法が主流だったからです。, ゲームのブームによって魔法の概念も、不思議な力を使う魔法から、属性を使った魔法へ変化していったのです。, 古代ギリシャの哲学から生まれた四大元素は、その後20世紀に至るまで主流な世界の構造の一部として考えられてきました。属性は主に『地(土)』・『水』『空気(風)』『火』4つです。, この四大元素は世界の成り立ちから、精霊、天使、悪魔、トランプに至るまで、あらゆる場面に使われるようになります。, こちらは主に中国の五行思想から来たもので、属性は主に『木』・『火』・『土』・『金』・『水』の5つになります。, 「比和」(ひわ):同じ気が重なると、その気は盛んになる。その結果が良い場合にはますます良く、悪い場合にはますます悪くなる。, かなり強力な魔法として登場します。使い手が少なかったり、または水と風の属性を混ぜて使うなど、使用するには一定条件が必要となる場合が多いです。, また雷魔法を使うことで、自身の速度が上がる。武器に雷を帯電させるなどの使い方も有ります。, 雷で本当に自分の速度が上がるのか、武器に雷を帯電させて自分が感電しないのか。謎な属性でもあります。, 白魔法と言えばファイナルファンタジーではないでしょうか?主に回復魔法として使われる白魔法ですが、ファイナルファンタジーシリーズではホーリーなどといった、攻撃魔法も少なからず存在します。, こちらもファイナルファンタジーシリーズではお馴染みの魔法です。黒魔法というカテゴリーの中に、ファイアやサンダーといった属性魔法が含まれるのが特徴です。属性魔法と言うより、攻撃魔法を黒魔法と言った感じでしょうか。, こちらも同じくファイナルファンタジーシリーズではお馴染みです。白魔法と黒魔法を使えるハイブリットながら、器用貧乏な点が特徴です。, 重力魔法は比較的メジャーな分類の魔法です。相手にかけることで、相手を重くし動きを鈍くする。逆に自身にかけて身体を軽くし、速度を上げるなど、その凡庸性からかなり強力な魔法と言えます。, しかし何故か敵として現れた場合、カマセなキャラが多いのも重力使いの特徴と言えるでしょう。, 時間を操る魔法です。世界の時間を遅くしたり、逆に自分の速度を早くしたり、過去に行ったり未来に行ったり。完全にチートな魔法なため、主人公がこの魔法を使える作品の数は少ないでしょう。主に物語の重要キャラが使う魔法として使われます。, 空間魔法はファンタジーものでは必ずと言っていい程存在します。主に荷物を預けたり、カバンに魔法をかけて亜空間の収納カバン(アイテムボックス)にしたりと、ファンタジー世界での必需品です。, あまりに当たり前過ぎて、最近ではアイテムボックスを見ない方が珍しくなりつつあります。, 彼ら彼女らは主人公たちの前に突如として現れ、一言二言適当に試練とその後の栄達、若しくは苦悩を勝手に述べて去っていく。, 主人公にとっては、勝手に不吉なことを言われ、勝手に去っていく良い迷惑な存在でしょう。, 光を集めることで所謂レーザー攻撃など、回避不可能でありながら、射程距離も光の届く範囲という、とんでもない魔法を繰り出すことが出来るチート魔法です。, また光=熱を持っているため火にも困らず、光の屈折をすることで姿すら隠す事が出来る。正に最強魔法でしょう。, 主に傷を癒やしたり、状態異常を直したり、結界を張ったり、アンデットを浄化したりと、回復方面に特化した魔法です。, こちらも一般人が使う魔法よりも強力な場合が多く、そして何故か聖・神聖魔法を使うキャラはラスボスから誘拐されたり、陰謀に加担させられたりします。, 精霊は人間が使う魔法よりも強力な魔法を使うことが出来ますが、主にマナを使った魔法なため、精霊魔法を発動する場所にマナが無いと発動することが出来ません。, また精霊と契約していないと精霊魔法は発動出来ず、精霊自体が側に居ない場合も発動出来ません。, 小説によっては、生まれた時に何故か見初められて、四大精霊や精霊王と契約したりします。, 精霊は上位になればなるほど人の形を取る事が多く、逆に下位になればなるほど、光の玉や光る謎の物体程度の形となる傾向が多いようです。, でも精霊って人とは全く別の生物?なのに、上位になれば人型になるのも、よく考えると不思議な話ですよね。, こちらも精霊魔法と似ていて、召喚魔法を発動することでモンスターなどを召喚し、従属させて使役する魔法です。, 主に召喚する際に、契約する意思を確認して召喚する事が多いようですが、自分の暮らしを捨てて契約してくれる生き物が、本当にそこまで沢山居るものなのかどうか。謎です。, 最近の流行りとして、現代で魔法を使う作品が増えています。その中で今まで中世では杖であった魔法媒体が、現代では機械に取って代わっています。, 中世で主流である呪文や魔法陣はあまり使われず、寧ろプログラムや機械言語など、科学分野と魔法を合体させた魔法などが発動されるようです。, 大多数の作品に置いて死者を生き返らせる蘇生魔法は禁忌とされ、使うことや調べることすら禁止とされています。, 理由としては、人が生き返れば物語がやっていけなくなるから。死という感動が無くなるから。誰も死ななければ作品として崩壊するから。などといったメタい理由です。, 固有魔法は、属性魔法など万人、もしくは才ある人であれば使える魔法ではなく、その人個人でしか使うことの出来ない魔法のことを指します。, つまり、世界中で唯一人、もしくはごく一部の人物・一族しか使えない特殊な魔法が固有魔法です。, 固有魔法はよく使われる属性魔法などとは大きく異なる効果を発揮する場合が多くあります。, 呪文や詠唱を用いて(場合によっては詠唱しない事もある)属性によらない魔法を発動させます。, 詠唱し杖や道具などを用いてものを動かす、変身する、空を飛ぶ、相手を操るなど、様々な効果をもった魔法を発動させます。, 属性を用いた魔法が新しい魔法だとすると、属性に限らない魔法は、それこそ昔ながらの神秘的で呪術的な力と言えるでしょう。, 日本においても今の属性を用いた魔法が主流になる以前は、詠唱をすることで魔法を使う魔術が主流でした。, ファイナルファンタジーやドラゴンクエストなど、大型RPGなどの影響で徐々に主流は属性魔法に移行していったと考えられます。, 魔法を発動させるには、魔力が必要となるのが大多数のファンタジー世界での共通事項です。, 現実世界においてマナは、南西太平洋のメラネシア人達が信じる、偏在する超自然的な力の事です。, ファンタジー世界におけるマナとは、自然界における魔力の事で、魔力を呼吸や食事などから取り入れる事で、魔法を発動させることが出来ます。, 精霊が使う魔法は主にこのマナであり、自身の魔力(オド)を使って発動する魔法よりも強力だというのが主なファンタジー世界での描き方です。, マナに比べると圧倒的に魔力が少なく、大きな魔法を扱うには魔力が足りなくなります。 ロールプレイング・ゲーム(RPG)やライトノベルなどのファンタジー作品には「ウィザード」や「メイジ」など様々なタイプの魔法使いが登場しますが、これらはどのように異なるのでしょうか?, 他にも色々なタイプの魔法使いが存在しますし、ファンタジー作品ごとに独自のタイプの魔法使いが考案されたりもしていますが、魔法使いとしての違いがよくわからないのは上記のものでしょう。, 辞書には「ソーサラー」と同じ意味であるとか「ウィザード」と同じ意味であるとか「コンジュラー」と同じ意味であるとかの説明しかありませんが、"magician" という言葉の綴りからして魔法使い全般を広く意味する包括的な言葉でしょう。, 「マジシャン」と同じ意味です。 「ソーサラー」と同じ意味であると説明している辞書もあります。, 「マギ(magi)」は「メイジ(mage)」の語源にあたる言葉ですが、「マギ」自体には「魔法使い」という意味はありません。 少なくとも辞書には「魔法使い」という意味が載っていません。, "magi" は「賢い者、賢者」を意味するラテン語 "magus" の複数形で、特に「東方の三賢者」という意味で使われます。 東方の三賢者はキリスト教の伝承に登場する人物で、イエス・キリストが幼い頃に贈り物を持ってきたと言い伝えられています。, 「黒魔術の使い手(特に男性)」という意味です。 ウォーロックの語源が「誓いを破る者・嘘つき・裏切り者」という意味を持つ言葉であることから、ウォーロックは邪悪な存在として扱われることが多いと考えられます。 ファンタジー作品でもよく悪役として登場します。, 「悪魔に由来する特殊能力」とは黒魔術のことでしょう。 黒魔術では悪魔と契約を交わすことによって魔法を行使します。, 魔法(特に黒魔術)を使う人(特に女性)のことです。 逆に言えば、ウィッチは必ずしも邪悪ではないし、必ずしも女性ではありません。 「ソーサレス」と同じ意味であるとしている辞書もあります。, 1の意味の場合は必ずしも悪い魔法使いというわけではありませんが、2の意味の場合は悪い魔法使いでしょう。, 「ソーサレス」という名詞は「ソーサラー」という名詞の女性型で、「女ソーサラー」という意味になります。 ただし「ソーサラー」は男性限定というわけではなく男性も女性も指し得ます。, 現在の多くのファンタジー作品の源流にあたるダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)というテーブルトークRPGにおいて、ウィザードは魔術書などで魔法を勉強することで魔法を使えるようになるのに対して、ソーサラー(ソーサレス)は本能的に魔法を使えます。, 辞書には「魔法使い」という意味のほか「魅了する者」という意味が記載されていますが、この「魅了する」というのは魔法的な(ファンタジー的な)意味ではないでしょう。, 「エンチャンター」とは「エンチャントを行う者」という意味です。 「エンチャント(enchant)」は「~に魔法をかける、~を魔法で支配する、~を魅了する、~を虜にする」という意味です。, "enchant" の語源は「~に呪文をかける」という意味のラテン語 "incantāre" なので、「魅了する」という意味よりも「魔法をかける」という意味のほうが先にあったのだと考えられます。, 近年のRPGでは武具に魔法で特殊な効果を与える(武器や防具の威力を高めたり武器に炎の属性を与えるなど)ことを「エンチャント」と称するため、「エンチャンター」という言葉が「物(や人)に魔力を付与する付与魔術師」という意味に受け止められるかもしれません。, 辞書によっては、「エンチャンター」を「男性の魔法使い」と男性に限定しているものもあります。 「エンチャンター」には「エンチャントレス(enchantress)」という女性型があるので、男女を区別したければ「エンチャンター(男性)」と「エンチャントレス(女性)」を使い分けるとよいでしょう。, 「コンジュラー」という名詞の語源は "conjure" という動詞で、この動詞の意味は「魔法や超自然的な力で霊や悪魔を呼び出す」というものです。, 「コンジュラー」という言葉に「召喚する」という意味が含まれるものの、「コンジュラー」は召喚を専門とする魔法使い(召喚術師)のみを指し示す言葉というわけではなく、ソーサラーと同様に魔法使い全般を指す言葉でしょう。, また、「ソーサラーまたはソーサレスと同じ意味」という記述から、「コンジュラー」が男性にも女性にも使える言葉であることがわかります。, 「コンジュラー」には「手品師」という意味もありますが、おそらく「魔法使い」という意味が先にあって、そこから「手品師」という意味が生じたのでしょう。 「召喚」と「手品」では接点がありませんから。, 「ネクロマンサー」はRPGではわりとよく見かける職業(クラス)ですが、辞書には正式には記載されておらず、"necromancer" の項目には「ネクロマンシー(necromancy)の使い手」とのみあります。, ファンタジー作品では「ネクロマンサー」は「死霊魔術師」などと呼ばれ死体からアンデッド・モンスターを作り出す魔法を使うという具合に、死霊関係を一手に引き受けている感がありますが、辞書的な意味においては「ネクロマンサー」は「ソーサラー」や「コンジュラー」と死霊度において大差ありません。, 上記をまとめると、各種の魔法使いの違いは ①性別 ②善悪度 ③魔力の源という3点にしぼられます。, ウィザード/メイジ/エンチャンター/マジシャンは、この3点において特色がない魔法の使い手です。, ウォーロックには悪魔との契約により魔法を使うという特色が、そしてソーサラー(ソーサレス)/コンジュラー/ネクロマンサーには死霊を介して魔法の力を使うという特色があります。, 性質の善悪で言えば、ウォーロックはほぼ常に悪役です。 ソーサラー(ソーサレス)も邪悪な存在として扱われることがあり、コンジュラーも召喚するのが悪魔である場合には邪悪とみなされるでしょう。 そして、ネクロマンサーは意外にもさほど邪悪ではない感じです。, 既存のファンタジー作品での魔法使いの扱いを見ると、魔法使いの呼称として「メイジ/ウィザード/ソーサラー(ソーサレス)」などのうちのいずれか1つを選んで用いる場合と、複数の呼称を用いて呼称ごとに異なる能力を設定する場合とがあります。, 辞書的な定義においては各種の魔法使いの間に決定的な差異はありませんから、魔法使いの種類をいくつ登場させるかも、各タイプの魔法使いの設定をどうするかも作者の自由です。, 例えば、"Words of Power" というファンタジー小説では、ソーサラーがメイジよりも能力的に一段優れる存在として描かれています(そしてソーサラーを指して男性には「ウォーロック」そして女性には「ウィッチ」という言葉が使われてもいます)し、"City of Bones" という小説ではウォーロックが悪魔と人間のハーフとして描かれています。, 既存のファンタジー作品の影響で世間的なイメージが固まっている(例.

ジュテーム 歌詞 意味, Lavie 無線lan ドライバ ダウンロード, 託児所付き 求人 港北区, Aviutl 連番 透過, スプロケット 錆 バイク, ファイル 保存先 指定, 二 台持ちから 一台に, トルコ行進曲 ジャズ 難易度, 新宿nsビル レストラン コロナ, Teams 並び替え スマホ, 米原から博多 新幹線 格安チケット, 那須 サファリパーク お土産, パナソニック 照明 型番 違い, キャベツ サラダ 子供, 四谷大塚 5年 Sコース, Line 画面共有 できない, ハイエース カーテン おすすめ, ひどい焦げ付き 落とし方 ステンレス, ザ パークハウス西新宿タワー60 防災 センター, サイレント ジェラシー ギター オケ, 財布 色 メンズ, 小窓 ロールスクリーン つっぱり, 必ずできる Jlpt「読解」n3 Pdf, エプソン プリンター スキャナーエラー, ハイエース Dx セカンドシート 交換, アメリカ ハンバーグ 言い方,